メニューを開く メニューを閉じる メニューを閉じる
181121_main.jpg
MAGICAストーリー

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット

きっかけは結婚? 出産? 食器洗いをしている夫は「いつから」「なぜ」積極的になった? 3組のDUAL読者夫婦を徹底取材!

「パパが食器洗いをやってくれない」――。そう悩むママは、まだまだ多いかもしれません。主体的に食器洗いをしているパパたちは、いつから、どんなきっかけで、始めたのでしょうか。食器洗いシェアが進んでいるDUAL読者宅を訪問し、うまくいくコツや、家族にとってどんな「いいこと」があるかなどを伺いました。「食器洗い」という毎日の小さな家事は、家族みんなの幸せに大きく関係しているようです。

論理立ててちゃんと教えてくれたのがよかった

「うちの夫は、最初は本当に何もできなかったんです。ゼロベースからのスタートでした」。東辻美梨さん(28)は、そう振り返ります。

夫でエンジニアの良幸さん(27)が食器洗いをするようになったのは、2人が一緒に住み始めてから。企業で広報として働く美梨さんが、「ルールを決めよう」と伝えたことがスタートでした。「私は仕事が大好きで、私も働いているのだから、一緒に住むなら家事を分担するのは当たり前と感じていました。結婚・出産しても私に仕事を続けてほしいというのが彼のスタンスだったので、受け入れてくれるだろうと思っていました」。

良幸さんは当時、料理ができなかったため、食器洗いの担当になりました。ずっと実家暮らしだった良幸さんにとっては、ほぼ初めての経験です。「最初は、すべての食器をスポンジのザラザラした固い面でゴシゴシ洗っていました。妻に指摘されるまで、柔らかい面で洗うと知りませんでした」と良幸さんは思い出します。「これから毎日続けてもらうのに、そこまで力一杯だと疲れてしまいますよね。私は一人暮らしの経験があったので、私なりのやり方もあるうえ、『なぜ、食べた後にすぐ洗わないんだ!』と不満に思うシーンもあり、最初2カ月ぐらいはギクシャクしました」。

「最初のころは妻もフラストレーションが溜まったと思います。でも、ストレスや怒りをぶちまけるような言い方ではなく、冷静に論理立ててちゃんと教えてくれたのがよかったと思います」と良幸さん。例えば、良幸さんが食器をすぐ洗わないときも、美梨さんは「置いておくなら、水につけておいたほうがよく落ちると思うよ」というような伝え方をしました。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
ただ気持ちにまかせて怒るのではなく、冷静にやり方を教えてくれたからケンカにならず受け入れられたと話す良幸さん

「とにかく彼に家事ができるようになってもらいたい一心でした。私の実家では、家事育児をするのは母で、父は手伝う程度でした。母が『どうしてやってくれないの!』と怒っている一方で、父が『こういう風に言ってくれたらやるのに』とこぼしている場面があり、反面教師ではないですが、自分だったら論理的に伝えよう、と幼心に思っていました。私が伝えられることは伝えて、いずれ、彼なりのやり方を見つけてくれればいいかなと」(美梨さん)

食器洗いを入り口にすべての家事をするように

めでたく結婚後、美梨さんが妊娠。出産直前まで出張で全国を飛び回っていた多忙な美梨さんが帰宅すると、「何が食べたい?」などと料理を作ってくれることもよくあったそうです。「正直、料理はハードルが高いと感じていましたが、妻の仕事を応援するためには、料理も含めて家事全般についても自分ができるようにならないとだめだな、と頑張りました」(良幸さん)。

今や、家事全般何でもできるようになった良幸さん。現在、美梨さんは育休中ですが、良幸さんの家事分担の比率は減っていないといいます。「僕も1対1で実際に育児をしてみて、赤ちゃんの世話の大変さが分かりました」と良幸さん。「私の大変さを分かってくれているので、私が少しでも楽できるように、帰宅したら家事も育児も積極的にしてくれます」と美梨さんは微笑みます。最近はさらに、美梨さんの母親が作る美味しいカレーレシピを直伝してもらうなど「向上心を持って家事・育児に取り組んでくれています」と美梨さん。

「最初に、私が料理作り、夫は食器洗い担当というルールを決めておいたのはよかったと思います。でも、いつもルールに縛られているわけでもなくて、思いやりを持って、お互い気付いたほうがする、という風になれたのが本当によかった点だと思います」と美梨さんは振り返ります。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
ママが料理を作れば、パパが食器を洗う。そんな流れが自然にできています

まだ先の話ですが、いずれは、長男(2カ月)も家事のルーティンに自然に入ってこられるようにしたいと考えているそう。「これからの時代、男性だって家事ができないと本人が困ると思いますし、自分のことぐらい自分でできる子どもでないと親として恥ずかしいと思います」(美梨さん)。「会社でも、子どもがいる若手の男の先輩は食器洗いなどの家事も普通にやっています。食器がきれいになると、自分も気持ちいいですし」と良幸さん。いたって自然体で、シンクに飛び散ったしぶきを拭いていました。

子どもが生まれて、生活も自分もがらりと変わった

子どもが生まれてから、夫が食器洗いを積極的にするようになった――と言うのは、齊藤信也さん・美由紀さん夫婦です。信也さん(57)はボイストレーナーで、美由紀さん(40)はイラストレーター。「夫婦ともフリーランスなので、昔は昼夜関係なく、ずっと仕事をしてしまうこともありましたが、今までの人生の中で一番、規則正しい生活をしていますね(笑)」と美由紀さん。美由紀さんは、自身の個展の会期中に出産。産後4カ月から保育園に長男を預け、仕事に本格復帰しました。

信也さんは、1カ月間休みなしということも以前はあったと言います。「平日も土日も関係なく生徒のスケジュールに合わせてレッスンするので、自分で休みを設定しない限り休めません。子どもが生まれてから初めて、事前に休みを決めたり、変更をお願いしたりするようになりました」と信也さん。

仕事中心の生活をしていた信也さん。そんな信也さんが一変したきっかけは何だったのでしょうか。「妻の妊娠・出産を目の当たりにして、やはりこれは大変なことだと、実感しました。たまたまその頃見ていたドラマで、『僕も育児手伝うよ』と言った男性が『手伝うじゃないだろ! アンタの子どもだよ』と諌められているシーンがあり、自分も育児を『自分事』として捉えなくては、とハッとしました。全部自分でするぐらいの気持ちでいよう、自分ができることはなんだろう、と。そしたら、育児と家事は分けられるものではなく、つながっていることに気付きました」

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
仕事人間だった信也さん。ドラマをきっかけに、「家は女性が守るもの」という考えが崩れ去り、積極的に家事をするようになりました

料理は美由紀さんが担当していますが、それ以外の育児と家事は、2人で協力しています。「例えば、朝、私が息子の保育園の支度をしている間に、夫が朝食後の食器洗いと洗濯干しをして、その後、息子をバトンタッチして、夫が保育園に送りに行く。子育てと仕事をなんとか円滑に回すため、2人でいたわり合いながら協力しています」(美由紀さん)。

食器洗いをすることが自分と家族の幸せにつながる

うまくいくコツはあるのでしょうか。「常に感謝の言葉はかけます。朝の家事育児タスクを連携プレーでクリアできたら、『我が家は分業完璧だね』などとも伝えています」(美由紀さん)。お互いに忙しくて、家事を押し付けあうことはないのでしょうか。「もちろんうまくいかない日もありますよ。夫が寝落ちしてしまって、食器がそのままということも。私が、『昨日寝ましたね。私が洗いましたよ』『あーそうだったか』『ごめんなさいは?』『はいはい、ごめんなさい』みたいなやり取りになります」(美由紀さん)。

「不満を溜めないようにはしています。溜まってくると、体調や疲れが引き金となって爆発しがちだと自分でも分かっていますので、不満は言います。でも、『嫌だった』というだけでなく、必ず『だから、こうしよう』と解決法も提示するようにしています」(美由紀さん)。

信也さんが洗ったはずの食器に、ご飯粒が残っていることもあるそう。「あまり気にしないようにしています。外食したら、たまに皿に汚れが残っていることもありますよね。家だったら、食べた人も、洗った人も分かっているわけですから、それに比べたら全然問題ないですよ。『自分の機嫌を直せるのは自分だけ』と誰かが言っていましたが、求め過ぎないことも大切かなと思います」と美由紀さんは微笑みます。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
家事シェアの秘訣は、求めすぎないこと。そして「お父さんの鑑!」「ホントに助かる!」と感謝を言葉で伝えることが大切と言う美由紀さん

家事育児を協力するようになってからコミュニケーションが増えたという齊藤さん夫婦。「話を聞かないし、口下手だし、以前はあまり話してくれる人ではなかったのですが、協力して家事・育児をするためには話さないと進まないので、本当によく話すようになりました。子どもを寝かしつけてから改めて大人だけで食事をして、たっぷりコミュニケーションを取っています」と美由紀さん。

信也さんにとっても「いいこと」があったそうです。「子どもが生まれて以降、こういうのを幸せと呼ぶのだなとしみじみ感じています。食器洗いをすることが自分の幸せにつながった、という感じ。育児も家事も分けずに全部自分事として捉えることで、家族みんなが幸せになれている気はします」

夫が家事・育児に積極的だから「2人目」も考えられた

現在、2人目を妊娠中の大久保みゆきさん(35)。「夫が家事・育児をしてくれることが分かったので、2人目を考えられました」と言います。

大久保さん夫婦は、共に医療機器業界で会社勤めをしています。夫の隆さん(44)は、妻のみゆきさんが1人目育休から職場復帰するころから家事・育児に本格的に取り組むようになりました。「夫は元々、きれい好き。一人暮らし経験もあるので、家事に抵抗はなかったようです。とはいえ、私の復帰2カ月ぐらい前から『復帰したら今まで通りではいかない、やってくれないと復帰したらどうなると思う?』と私から伝えて、2人で話し合いました。お互いのタイムスケジュールが落ち着くまでは、ケンカの絶えない葛藤の時期もありました」(みゆきさん)。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
お互いに葛藤があったからこそきちんと話し合い、2人で上手にやりくりする方法を探しました

隆さんは営業職です。みゆきさんの言葉を受けて、営業のアポイントを日中早めの時間に入れるなど努力して仕事をセーブ。夜19時ごろまでには帰宅できるように働き方を変えました。現在、夕飯時の食器洗いはほぼ100%、朝食時の食器洗いも80~90%が隆さんの担当になっています。

「トータルでうまく回すために家事・育児の流れを組み立てるのは私の方です」とみゆきさん。工夫している点はあるのでしょうか。「夫が一生懸命お鍋を洗ってくれているけど、そろそろ娘がぐずりそうだなと思ったら『お鍋洗うのは後でいいから先にお風呂をお願い』みたいに、してほしいことは具体的に細かく伝えますね」。「言われたら『あ、すみません』と、その通りにします。鍋が一つ残っていると気持ち悪いですけどね」と隆さんは笑います。

「してほしいことは相談事のように伝えて、進捗確認もします。『その次はこれをやってほしいけど、大丈夫? できる? できないならこの部分は私がするけど......私がやっといたほうがいい?』みたいな感じです。洗った食器に汚れが残っていても、たまにしか指摘しません。逆の立場で考えると、毎日言われたらうんざりすると思います。あとは、私の友達が夫の愚痴を言うのを聞いたら、家に帰ってから『あなたはやってくれるけど、○○ちゃんのところはやってくれないんだって。うちはまだマシかな』と夫にわざわざ伝えています」(みゆきさん)

「家事・育児はやって当たり前というか、反対に妻に全部やってもらうなんて申し訳ない気持ちがあります。食器洗いをしないパパには『だんな、頑張れ!』と伝えたいです。食器洗いはいつでもできる家事なので、やるかやらないかは気持ちの問題だと思います」(隆さん)。「食器洗いを全くしなかった夫が月に1回でもしたら奥さん絶対喜びますよ。夫に優しくなると思います」とみゆきさんもうなずきます。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
「パパ、がんばれー」という長女の声援に笑顔で応える隆さん

パパのやる気が出る道具選びを

さらに、みゆきさんは、道具や洗剤に関しても工夫していると言います。「掃除道具などの家事グッズは、基本的に夫に好きなものを選んでもらって、高くても安くても口は出さないようにしています」とみゆきさん。「家事をするのに道具は必要です。掃除用のシートなどでも、途中で破れるのはやっぱり嫌です」と隆さん。

東辻さん夫婦にも、道具や洗剤について聞いてみました。「スポンジは特にこだわりなく安くてたくさん入っているのを買っています。食器洗い洗剤は、『食器が早く乾いてほしい』というのが我が家の悩みだったので、私がCMで見て『Magica(マジカ)速乾+』に決めました」(美梨さん)。「うちは食器を自然乾燥させてから棚に片付けるスタイル。乾くのが遅くて食器がたまると拭かなくてはいけません。いつもの半分ぐらいの速さで乾く感じなので助かります」(良幸さん)。

齊藤さん夫婦も同様に「Magica(マジカ)速乾+」を愛用しています。「うちはマンションの一階で湿気がたまりやすいので、湿気が残ったまま食器をしまいたくないんです。でも拭くのは一仕事なので、速く乾く洗剤を使っています」。隣で聞いていた信也さんは、「え、そうなの?」と驚き顔。「お湯で洗っているから速く乾くんだと思ってたでしょ? 洗剤によっても違うんだよ」と美由紀さん。「今初めて知りました」と信也さんはラベルをしげしげと眺めます。食器洗いをシェアすることで、また新たな発見があったようです。

大久保さん夫婦が今使っている「Magica(マジカ)除菌+」は、みゆきさんがビジュアル重視で選びました。「ボトルの見た目が美しかったのが決め手です。そしたら油汚れがよく落ちて使い心地が快適だったので使い続けています」とみゆきさん。「泡が長持ちするものが洗いやすいです。洗っている途中で、頻繁に洗剤を継ぎ足さなくてはいけないのはやっぱり嫌です」と隆さん。夫婦共に納得の使い心地だそうです。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット
買い置きしている「Magica除菌+」(左)。洗剤を選んだきっかけは、意外なところにありました

相手を尊重することが食器洗いシェアのスタート

3組の夫婦に共通していたのは、お互いを尊重する言葉をよく使うこと。「妻は大変ですから」「相手の立場になるとそれは嫌かなと思って」など、相手への思いやりがにじみ出る言葉がインタビュー中に多く聞こえてきました。食器洗いシェアがうまくいく秘密が隠れていそうです。

例えば、大久保みゆきさんは「私が文句を言い過ぎてもケンカにならないのは、夫がうまく受けて止めてくれるおかげ」と言います。「だから、私も『ありがとう』と言い続けようと努力はしています。ちょっと押し売り気味ですが」とみゆきさん。対して、隆さんは「ありがとうと言われるとやっぱり嬉しい、やる気がでますよ」。そして、隆さんと長女(2歳)は、食後に「ごちそうさま、ママありがとう」と一緒に言うのが習慣になっています。「作ってくれた人に感謝の気持ちは伝えるべき。娘にそう教えています」。大久保家では「ありがとう」の気持ちと言葉がいつも連鎖しています。

"ナノ洗浄"でベタつく油汚れがサラサラ落ちるから、パパでも楽に洗えるMagicaを使えば、さらに食器洗いシェアがスムーズに進むはずです。大久保さん夫婦のように「Magica(マジカ)除菌+」を使えば、菌が気になるまな板・スポンジ・ふきんの除菌もできます。また、東辻さん夫婦や齊藤さん夫婦のように「Magica(マジカ)速乾+」を使えば、すすいだ水がすぐに滑り落ちるので、さっとひと拭きするだけで食器棚にしまえます。

思いやりのある言葉の積み重ねが、家族の幸せにつながる――。皆さんも、食器洗いをシェアして、家族みんなが幸せになるヒントを探しませんか。

3家族に聞く食器洗いシェアのコツとメリット

(取材・文/小林浩子 写真/木村和敬、新山貴一)
Magicaに関する詳細はこちら

波線
波線
輝き

PRODUCT INFO

3つの香りに
「除菌+(プラス)」「速乾+(プラス)」も加わって、
充実のラインナップ!
MAGICA MAGICA
もっと詳しく