メニューを開く メニューを閉じる メニューを閉じる
  • TOP>
  • Magicaテクニック>
  • フライパンの洗い方、油汚れもこびりつきもMagica(マジカ)で効率よく落とすコツ
fly_001.jpg
MAGICAテクニック

フライパンの洗い方、油汚れもこびりつきもMagica(マジカ)で効率よく落とすコツ

調理器具の中でも、大きく、油で汚れることが多いフライパンの後片付けは、ついつい後回しにしがち。でも、コツさえつかめば、ゴシゴシ洗い不要できれいになりますよ。こびりつきには、食器用洗剤 Magica(マジカ)でつけ置き洗いが効果的です!

■フライパンの汚れとは

フライパンの主な汚れは、サラダオイルなどの植物の油はもちろん、魚やお肉の動物性の脂です。ナポリタンなど、植物性や動物性の脂、トマトソースなどの多様な食材が混ざったお料理のあとは、汚れを落とすのに時間がかかることがあります。

汚れたフライパンをそのままスポンジで洗うと、油がなかなか取れないばかりか、スポンジにまで油がうつってしまいます。かといって、油は冷えると固まる性質をもっているので、時間がたつほど落ちにくくなります。

油汚れの多いフライパンのお手入れは、調理直後にひと手間かけることがポイント。片づけがぐんと楽になるでしょう。

■紙やゴムベラで汚れを拭き取る

  • フライパン洗い方①拭き取れる油をふき取る

ふき取れる汚れは、あらかじめ紙やゴムベラなどで取っておきます。集めた汚れはそのまま流さず、紙でふき取るなどしてゴミ箱へ捨てます。
調理後、フライパンを放置していると、汚れがこげつきに変わったり油が冷えてかたまってしまうので、調理後すぐ、あたたかいうちに行うのがコツです。

■こげつきはMagica(マジカ)の液につけて

  • フライパン洗い方②こげつきはMagicaでつけおき

フライパンにこげつきがある場合は、つけ置き洗いが効果的です。調理後、フライパンが冷めたらぬるま湯を入れ、「Magica」を数適たらします。すると写真のように、油汚れがみるみる分解されていきます。この後、軽く混ぜておいておくとさらに分解がすすみ、汚れが落としやすくなって効率的です。

■油汚れが分解されたらササッと水で流すだけ

  • フライパン洗い方③スポンジで手早く洗う

フライパンの中の水が冷めるくらい放置したら、あとは「Magica」をつけたスポンジで表面を手早く洗いましょう。油汚れがしっかり分解されているので、水とともに「サラサラと落ちて」いくのがわかるでしょう。手ごわいはずの油汚れが、ラクに簡単に落とせることを感じられるはずです。

見るだけですっきり⁉ 油汚れが水のようにサラサラ落ちる実験動画をチェック→

波線
波線
輝き

PRODUCT INFO

3つの香りに
「除菌+(プラス)」「速乾+(プラス)」も加わって、
充実のラインナップ!
MAGICA MAGICA
もっと詳しく