食器用洗剤 CHARMY Magica (チャーミーマジカ)

まな板&スポンジの除菌は食器用洗剤 Magica(マジカ)で!

メニューを開く

ナノ洗い研究所とは?

食事の後の食器洗い、面倒だと感じたことはありませんか? そんなご家庭のお悩みを解決すべく誕生したのが「ナノ洗い研究所」。
油汚れをサラサラ落とす魔法のような食器用洗剤「Magica(マジカ)」が実現する「効率的」でときに「驚きのある」新しい食器洗いのカタチ。“ナノ洗い”とその情報をみなさまにお届けしていきます!

詳しくはこちらへ

研究員のつぶやき

食中毒は、冬にも発生! 木のまな板&スポンジのナノ洗い方

食中毒は、冬にも発生! 木のまな板&スポンジのナノ洗い方

キッチンでの食中毒対策ってしてますか? わたしの母はお湯をかけたり、漂白剤を使ったりと、なんだかとっても大変そう。もっと手軽に、何とかする方法はないんでしょうか? フジムラ先輩に聞いてみます!

■まな板とスポンジの汚れとは

まな板は「食材」に直接触れるもの。肉や魚を切るとまな板に動物性の脂がつき、水で流しただけでは落ちません。さらに包丁でまな板の表面に傷がつくと、中に汚れが入り込んだり雑菌が繁殖しやすくなります。肉や魚などを切った後はこまめに洗剤で洗いましょう。

また、スポンジはさまざまな汚れがついているうえに乾燥しにくいので、実は菌が住みやすいところです。食器を洗う時に除菌効果のある食器用洗剤を使っていても、それだけでスポンジが除菌できているわけではありません。洗い物が終わった後は、きちんと正しい除菌をしておきましょう。

■まな板は1日の最後にMagica(マジカ)で念入りに

  • まな板とスポンジの洗い方①Magicaで両面を洗いましょう

夕食の洗い物が終わったら、「Magica」を適量(サッと1円玉大の円を描く程度)つけたスポンジで、両面を洗います。木口と呼ばれる側面も汚れがたまりやすいので、忘れずに洗いましょう。包丁で傷のついた部分は特に念入りに。

■仕上げは、アルコール除菌

  • まな板とスポンジの洗い方②アルコール除菌

まな板をすすいできれいなふきんで水気をふき取ったら、キッチン用アルコール除菌剤をまな板全体にスプレーします。水分がついていると十分に除菌ができないので、水分を取っておくのがポイントです。

スプレー後には水洗いは必要ありません。アルコールが乾いてから使用します。スプレー後すぐに使いたい場合には、乾いたふきんなどでふき取るといいでしょう。

■スポンジは、まずしっかりすすいで絞る

  • まな板とスポンジの洗い方③スポンジもきちんと洗う

スポンジも1日の最後にきちんと洗いましょう。食器洗いをすべて終えたら、よくもんで汚れを落とし、流水で洗い流してかたく絞ります。

■「Magica」をつけて除菌

  • まな板とスポンジの洗い方④Magicaで除菌

Magica」を直接つけ(8ml)、よくもんで洗剤を全体にいきわたらせます。「Magica」には除菌効果があるので、これだけで大丈夫。洗い流さずに、そのまま次回の使用まで置いておきましょう。

スポンジ除菌をしないときは、食器洗い後、スポンジの汚れと洗剤をよく洗い流してかたく絞り、しっかりと乾燥させます。

【アスカ研究員のナノ洗いまとめ】
これなら手間もかからず簡単ですね! まな板も、スポンジもしっかりケアできるので、食中毒の季節だけではなく毎日の習慣にできそうです!

油汚れが「サラサラ落ちる」 油汚れが「サラサラ落ちる」

Magicaをもっと知る!

嘘でしょと思ったら油汚れ実験動画をチェック
食器洗いのストレスがなくなったという人92%
食器が手から滑り落ちる回数が減る?!
CMのメイキング動画も必見!!

同カテゴリーの最新記事

ナノ洗い入門ガイド

nanoarai_blog_20170421_230_160.jpg

ナノ洗い入門ガイド

nanoarai_blog_20151119_230_160.jpg

ナノ洗い入門ガイド

ギズモード流ホームパーティー開幕。それに必要だったスマートなアイテムとは?

ナノ洗い入門ガイド

油+色素+ごはん粒...複雑な混合汚れもサラッと落とせる! カレー鍋のナノ洗い方【ナノ洗い方入門ガイドVOL.06 】

タグ 関連記事

ナノ洗い実験

experiment_20150916_1_230_160.jpg

ナノ洗い入門ガイド

油+色素+ごはん粒...複雑な混合汚れもサラッと落とせる! カレー鍋のナノ洗い方【ナノ洗い方入門ガイドVOL.06 】

ナノ洗い入門ガイド

やっぱり洗いたくない、プラスチックのベタつく油汚れ!! あえての、お弁当箱から、ナノ洗いスタート!【ナノ洗い方入門ガイドVOL.01 】

ナノ洗い実験

驚きの