食器用洗剤 CHARMY Magica (チャーミーマジカ)

食器洗いをお手伝い! 母娘の声をリポート

メニューを開く

ナノ洗い研究所とは?

食事の後の食器洗い、面倒だと感じたことはありませんか? そんなご家庭のお悩みを解決すべく誕生したのが「ナノ洗い研究所」。
油汚れをサラサラ落とす魔法のような食器用洗剤「Magica(マジカ)」が実現する「効率的」でときに「驚きのある」新しい食器洗いのカタチ。“ナノ洗い”とその情報をみなさまにお届けしていきます!

詳しくはこちらへ

研究員のつぶやき

Magicaで親子チャレンジ! 食器洗いで"考える力"を鍛えよう|ナノ洗い体験レポート

nanoarai_blog_20151218_730_450.jpg

こんにちは、アスカです! 食器用洗剤 Magica(マジカ)は、おかげさまで発売以来多くの方から賞賛の声をいただいています。そこで、研究所の外へ飛び出し、実際にMagicaのナノ洗いを体験してくださった方の声をレポートしたいと思います!

第6回に出演してくださるのは、佐知子ママと7歳の環ちゃん母娘。環ちゃんはお手伝いが大好きで、愛犬のお世話やお花の水やり、新聞を取りに行くのが毎日の日課。ママが忙しい時は、食器洗いもお手伝いしてくれるそう。

実はその食器洗い、お子さんの"考える力"を鍛えるのにもおすすめなのです! 例えば、視覚・聴覚・触覚・嗅覚など、味覚以外の五感をすべて使えたり、お子さん自身が簡単に自分なりの工夫ができたり、ママとおしゃべりしながらできたりなど。そこで今回は、食器洗いを通じて"考える力"を鍛える、ということを意識しながら母娘でMagica を使っていただきました。

では早速、母娘で食器洗いスタート!

ママが毎日なにげなくこなしている食器洗い。実は、これまでの経験から無意識のうちにたくさんの工夫をしているのです。今日はそのひとつひとつをお子さんにも教えていただきます。

①段取りを考える

食器の種類や汚れの種類は日々さまざま。どんな順番で、何から洗い始めたらよいのかをそのつど考えることで、知恵と段取り力が養われます。

nanoarai_blog_20151218_1.jpg

環ちゃん「なるほどー、汚れが少ないものから洗うと泡が長持ち! でも、おこげやソースがこびりついたグラタン皿は最初にお湯につけてMagica を垂らしてつけ置きしてから最後に洗うと...、わぁ本当! あっという間にキレイ。」
ママ「まずは汚れの少ないものと多いもの、さらに酷い汚れのもの。と、3段階にわけて洗う順番を決め、最初に酷い汚れのものをつけ置き。その間に、汚れの少ないグラスなどから洗う。そんな風に工程を細かくわけていることに娘は驚いた様子でした」

②両手も指もフル稼働

洗剤がついた手や食器は滑りやすくなるもの。壊れやすいガラス食器などをしっかり洗い上げるには、左右の手を指先までしっかり動かし使うことが大切。手で「感じる」ことは脳が「働く」ことにもつながります。

nanoarai_blog_20151218_2.jpg

環ちゃん「いつも大きな食器を洗う時は、洗剤のヌルヌルとたくさんの泡で手が滑りそうになるけれど、今日は大丈夫かも。手もあまり疲れないみたい」

ママ「Magica のテクスチャーには、娘も気づいたようですね。また、ゴツゴツと表面の目が粗い和食器も、洗剤がよく行き届くのか今日はスムーズに手早く洗えていたようです」

③触感、音感、香り。全身で感じて

食器洗いにはたくさんの合図があります。汚れが落ちるのを目で見て手で触って感じ、そのあと洗い上がりに食器がキュッと鳴るなど。知らず知らずのうちに脳のさまざまな分野が同時に働いているのです。

nanoarai_blog_20151218_3.jpg

環ちゃん「スプラッシュオレンジの香りが、とってもいいにおい! それに泡がふわふわでやさしい感じ」
ママ「汚れ落ちの確認を目で見るだけでなく、手の感触や音でも確認するように教えました。すると途端に、水の流れる音や感触、洗剤や泡のテクスチャーや香りなど、感じることがたくさん増えたようです。これには私も同感、ちょっぴり新鮮でした」

④置き場所を工夫する

平らなもの、深さのあるもの、小さく軽いもの、大きく重いもの、種類の異なる洗い物を水切りかごにムダなく、そして乾きやすく並べるのは案外難しいもの。識別能力や空間認知力が必要です。

nanoarai_blog_20151218_4.jpg

環ちゃん「まるでパズルみたい! ちょっと難しかったけれど、水切りかごにキレイにおさまるとなんだかうれしい。」
ママ「食器の形や素材も意識して、できるだけ同じ種類ごとに置くようにしてもらいました。さらに、水切りが早くできるよう、食器が重なったりくっつかないようにというのは娘自身も意識して置けていたようです。子どもにとってはゲームのように楽しかったみたいですね」

⑤ママと会話する

ながらおしゃべりもおすすめ! 何を話すか考え、内容を思い出し、言葉を選ぶ。それだけで脳はフル回転。食器洗いはさらに、手を動かしながらですから"考える力"を鍛えるには最強のお手伝いかもしれません。

nanoarai_blog_20151218_5.jpg

環ちゃん「この食器はどうやって洗えばいいの? ママはいつもこんなにたくさんのことを考えながら食器洗いしてるんだね、すごい!」
ママ「娘なりにどうすれば上手く洗えるのか、いろいろと考えている様子がわかって頼もしかったです。後半は学校やお友達の話をする余裕もでてきていましたよ」

⑥終了!

nanoarai_blog_20151218_6.jpg

環ちゃん「ママと一緒におしゃべりしながらのお手伝い、とても楽しかったです。食器洗いをいつもひとりでパパッと終わらせているママは、すごいなと思いました」
ママ 「毎日なにげなくやっていた食器洗い。改めていろいろと考え、娘に教えながら作業することで、もっと効率よく、もっとキレイに洗えるかも! と、気持ちを新たにできました」

<佐知子さん教えて!>

●好きな家事・得意な家事は何ですか? またその理由を教えてください。
→部屋のお掃除です。掃除機をかけると気持ちがスッキリします。

●嫌いな家事・苦手な家事は何ですか? またその理由を教えてください。
→料理です。複数作業の同時進行が上手くいかないことが多くて...。

●Magica を使って「油汚れが水のようにサラサラ落ちる」を実感できましたか?
→できました! グラタン皿のソースやドレッシングなどの油汚れも、驚くほどサラサラと落ちました。

●Magica を使ってよかった点を教えてください。
→泡立ちは軽いのに手早く、途中で洗剤をつぎ足すことなく最後まで洗えたことです。ボトルのデザインもかわいくて気に入りました。

●Magica はどの香りがお好みでしたか?
→スプラッシュオレンジです。爽やかな香りに癒されました。

●食器洗いの後、手荒れしないようハンドケアしてますか?
ハンドクリームでケアしています。Magica は泡が軽くサラサラしているので手荒れの心配も少なさそうですね。

●Magica を使ってみて、食器を洗うときの気分に変化はありましたか?
→汚れがよく落ちる一方で、泡の柔らかい感触や、アロマのようなオレンジの香りなど、癒される要素がたくさんありました。私も娘に負けないよう、食器洗いによる五感への刺激を意識しながら、まだまだ"考える力"を鍛えていきたいです(笑)。

Magica を使った食器洗いなら、感触・香り・汚れがサラサラ落ちる様子など、お子さんが楽しく感じられるポイントもたくさん。お手伝いしながら"考える力"も鍛えられたら一石二鳥ですね。またこの体験をきっかけに、食器洗い以外にもお手伝いの機会を増やしていってくれたらアスカもうれしいです。

油汚れがサラサラなくなる、ラクになる Magica 油汚れがサラサラなくなる、ラクになる Magica

Magicaをもっと知る!

嘘でしょと思ったら油汚れ実験動画をチェック
食器洗いのストレスがなくなったという人92%
食器が手から滑り落ちる回数が減る?!
CMのメイキング動画も必見!!

同カテゴリーの最新記事

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20161108_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20160721_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20151215_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20151207_230_160.jpg

タグ 関連記事

ナノ洗い入門ガイド

nanoarai_blog_20170421_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20161108_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20160721_230_160.jpg

ナノ洗う人々

nanoarai_blog_20151215_230_160.jpg