あなたの「面倒な気持ち」をラクにする食器用洗剤Magica(マジカ)

木製まな板、スポンジの洗い方と除菌方法

梅雨時期はもちろん、一年通して食中毒対策には気をつかいますよね。漂白剤や熱湯での除菌も定番ですが、もっと手軽に、日頃からできる除菌方法についてご紹介します。

まな板とスポンジの汚れとは

まな板は「食材」に直接触れるもの。肉や魚を切るとまな板に動物性の脂がつき、水で流しただけでは落ちません。さらに包丁でまな板の表面に傷がつくと、中に汚れが入り込んだり雑菌が繁殖しやすくなります。肉や魚などを切った後はこまめに洗剤で洗いましょう。

また、スポンジはさまざまな汚れがついているうえに乾燥しにくいので、実は菌が住みやすいところです。食器を洗う時に除菌効果のある食器用洗剤を使っていても、それだけでスポンジが除菌できているわけではありません。洗い物が終わった後は、きちんと正しい除菌をしておきましょう。

まな板は1日の最後にMagica(マジカ)で念入りに

まな板とスポンジの洗い方①Magicaで両面を洗いましょう

夕食の洗い物が終わったら、「Magica」を適量(サッと1円玉大の円を描く程度)つけたスポンジで、両面を洗います。木口と呼ばれる側面も汚れがたまりやすいので、忘れずに洗いましょう。包丁で傷のついた部分は特に念入りに。

仕上げは、アルコール除菌

まな板とスポンジの洗い方②アルコール除菌

まな板をすすいできれいなふきんで水気をふき取ったら、キッチン用アルコール除菌剤をまな板全体にスプレーします。水分がついていると十分に除菌ができないので、水分を取っておくのがポイントです。

スプレー後には水洗いは必要ありません。アルコールが乾いてから使用します。スプレー後すぐに使いたい場合には、乾いたふきんなどでふき取るといいでしょう。

スポンジは、まずしっかりすすいで絞る

まな板とスポンジの洗い方③スポンジもきちんと洗う

スポンジも1日の最後にきちんと洗いましょう。食器洗いをすべて終えたら、よくもんで汚れを落とし、流水で洗い流してかたく絞ります。

「Magica」をつけて除菌

まな板とスポンジの洗い方④Magicaで除菌

画像のテキスト画像のテキスト画像のテキスト画像のテキスト

Magica」を直接つけ(8ml)、よくもんで洗剤を全体にいきわたらせます。「Magica」には除菌効果があるので、これだけで大丈夫。洗い流さずに、そのまま次回の使用まで置いておきましょう。

スポンジ除菌をしないときは、食器洗い後、スポンジの汚れと洗剤をよく洗い流してかたく絞り、しっかりと乾燥させます。

Magicaは選べる3つの機能

Magica 酵素+
Magica 酵素+

つけおき酵素分解で、こびりつき汚れもゴシゴシゼロへ!
食器洗いがもっとラクになる

※ 軽い力で落とせること

Magica 速乾+カラッと除菌
Magica 速乾+
カラッと除菌

圧倒的な水切れスピードで食器が早く乾く!清潔!
まな板・スポンジ・ふきんの除菌も

Magica 除菌
Magica 除菌+

まな板・スポンジ・ふきんをこれ1本でしっかり除菌